自営業特有の
住宅ローン審査

自営業ならではの住宅ローン審査

 自営業の住宅ローン審査は、普通のサラリーマンや公務員などに比べて通り難いと言われています。自営業の住宅ローン審査の場合、貸す側にとって一番気になるのは返済能力がどのくらいあるのかということなので、少なくとも申請した時から過去2,3年に渡り、安定して収入を得ていることが重要になります。つまり、黒字決算が必要ということです。申請者が自分で経営している場合でも、外資系の雇用社長であっても赤字になっていると相当厳しいと思います。お金を借りる時に大事なのは返済能力だと記しましたが、それは収入の安定度合いによって変わって来ます。

 今のご時世ではサラリーマンも決して安定していると言えないんですけど、自営業者に対しては、そういう点からも厳しくなってしまうんでしょう。ちなみに、自営業住宅ローン審査をするなら帳簿記帳も忘れてはいけません。家族経営ということになると、キャッシュフロー、つまりお金の流れというものも審査対象になるからです。ただ、自営業者の融資の為に、審査の時には銀行通帳のコピーなどを審査対象にして本当の収支を判断してくれるというところもありますから、申し込むのならそういう金融機関を探した方がいいと思います。尚、1社が駄目だったからといって次々と別のところに申し込むのはお勧め出来ません。

とはいえ、今は一流企業に勤めていても、いつリストラされるか分からないような時世ですから、必ずしもサラリーマンなどの方が安定収入を得ているというわけでもないと思うんですが。ただ、銀行によっては低い年収からでも申し込みを受け付けているところもありますので、あまり収入の多くない自営業者さんは、そういうところを探して申し込んでみるというのも方法かなと思います。ちなみに、自営業者でも不利になり難いとか、低い年収からでも審査可能というようなところは必然的に申し込みが多くなりますので、審査待ちの期間も長くなります。

 以前聞いたところによると、審査で1ヶ月以上待たされるなんてことも普通にあるとか。住宅ローン審査ですから、ある程度の時間がかかるのは仕方がないこととは思いますが、急いでいる場合には困ると思うので、そういう審査にかかる日数というのも考えておいた方がいいかもしれません。ちなみに、自営業の住宅ローン審査の通り易さは業種によっても違うという話を聞いたことがあります。尚、少しでも審査に合格し易くするためには頭金を多くした方がいいとも聞いたことがあります。

おすすめサイト

http://www.jieigyo-jyutaku.com/
自営業の方は住宅ローン審査が厳しいと言われています。そんな中で自営業でも審査に通るためのコツをご案内!頭金や年収の基準、おすすめの銀行など知らないと損する情報を集めました!
www.jieigyo-jyutaku.com/